So-net無料ブログ作成
検索選択

火事の夢 [夢]

少し前に見た夢なのですが、黒いヘルメットに黒い鋼鉄製?の鎧を着た細い体の宇宙人たち(小人から巨人まで様々いて)襲撃に遭う人を目撃。急いで帰宅し、居間にいるとTVのリモコンが発火して、アブナいので窓の外に放り出そうとすると、垣根になっているサザンカやなんかにも火がついていて、めらめらと炎に取り巻かれ、あわや死ぬのでは?驚いてオタオタしているうち『これが夢なら覚めてほしい』と思った途端目が覚めるという、夢でよかったとほっと胸を撫で下ろしたのもつかの間、いつもより遅く起きて、その後が大変でした。

火事の夢は大惨事なので悪い夢と思いきや、検索するとさほどでもなく、かえって芸術の分野では良さそうな感じです。今、必至になってるショパンのノクターンop.55-1もキレイに弾けるようになればいいのですが... 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

凍れる樹 [本]

井上靖の短編小説集「凍れる樹」を古本のサイトから取り寄せました。状態が良いのでこれからも古本を活用したいと思いました。初版本で表紙が布張りです。時代を経て色褪せてはいますが、紙質もよく保存状態がよいと思います。若い頃井上靖の本を何冊も読んだのですが、わりと好きでした。淡々として内面を綴っていて。ただ、自分が経験していないことばかりだったので、今読むと深みが出ていていっそう好きになります。

表題作「凍れる樹」は最初に載っています。これを読んで嫁にだす父の心境が分かったような樹がしました。わたしは女性ですので夫の心境も察するだけでしたが、なんだかとてもよくわかりました。

最近になってわたしが幼い時に住んでいた沼津を舞台にした「夏草冬濤」を知り、読みましたがこれも情景が浮かぶようでよかったです。他の作品も読んでみたいですね。

 


凍れる樹 (1964年)

凍れる樹 (1964年)



夏草冬涛 (上) (新潮文庫)

夏草冬涛 (上) (新潮文庫)

  • 作者: 井上 靖
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/06/09
  • メディア: 文庫


夏草冬涛 (下) (新潮文庫)

夏草冬涛 (下) (新潮文庫)

  • 作者: 井上 靖
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/06/09
  • メディア: 文庫

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。