So-net無料ブログ作成
検索選択

エリオット詩集 [本]

築30年以上の古い家なので、1階の床が抜け落ちたことがあった。はじめてリフォームすることになって、沢山の蔵書を処分しなければならなくなった。私も本に埋もれて死ぬのは厭だったから、全部自分のものでもあったし、古本屋にただでもって行ってもらい、引き取ってもらえなかったものはゴミとして出した。それもひと苦労だった。選別する時間などなかったから、全部処分した。今考えると想い出もともに捨ててしまったような気がして残念でならない。仕方がないけど....。それでも床を直して本はもう読まないと決めて、ピアノを買って(古いピアノはまだ2階にあるけど、鳴らなかったり、調律もしてない)おいた。それでもどうにかすると、最近になってキニナルフレーズが浮かぶのだ。それはクーロン。
確か香港の街、九龍にちがいなかった。それが出てくるのはT.Sエリオットの詩集だと思う。が、それはもう今は手元になく、検索しても絶版になっているようで、古本しかなかった。人の読んだ本は潔癖症の私としては厭なので、少し値が張るけど原文も付いてるものを入手することにした。


荒地・ゲロンチョン

荒地・ゲロンチョン




 しかし、どうにも訳が昔読んだのとは違っていて(当然だろう、訳者が違うのだから)気に入らなかった。それにクーロンはなかった。他にもT.Sエリオットは詩を書いている。「四つの四重奏曲」や...。しかし、それに出てるかどうか?何となく、若い頃愛読した詩集にはなかったような気もした。それではないような気がした。それではどれ?

気になると眠れなくなる。そうなると、日常生活に差し支える。

エリオットの詩のタイトルといい、音楽に関係があるようなものが結構ありそうなので、やはり完全版を取り寄せたいと思った。そこで、英語は殆ど勉強して来なかったけど、これを取り寄せることにした。




The Complete Poems and Plays of T. S. Eliot

The Complete Poems and Plays of T. S. Eliot

  • 作者: T. S. Eliot
  • 出版社/メーカー: Faber & Faber Poetry
  • 発売日: 2004/10/07
  • メディア: ペーパーバック



目を皿の様にしてクーロンなる文字を探したが出て来なかった。

しかし、字面を辿ると何だかとても懐かしいような音が聴こえたような気がした。
ホントにこんなに何千円もするような本を毎日検索しては買っていたのでは破産してしまう。

困ったものだと思った。仕方がないけど、脳裏に染み付いた昔の詩集を取り寄せてみたかった。
やっと出版社を思い出して検索したら、嘘みたいに安い値段であった。
どうせ汚らしいのだろうと思ったけど、送料と100円くらいしか高くない古本だし、昔の記憶が蘇ればと思って注文した。

それが今日やっと届いた。
翻訳もいいものだったのは、脳裏にしみこむはずだ、一流の詩人たちのものだったのだから。

音楽に関係のある、ショパンについて婦人が話している『婦人の肖像』、『前奏曲集』というそのまんまのタイトル。そしてあの「クーロン」ということばは???

私の記憶違いだった。『荒地』という詩集の前書きというか添え書き、「エズラ・パウンドのために」とあるのだが、これは聖杯伝説に関するウェストン女史の著作『祭祀よりロマンスへ』に暗示されているらしい。『クーマエというところで....』とあるのがどういうわけか私は誤ってクーロンと思いこんだのか?それだと思う。

これをきっかけにして、もう一度エリオットの詩集を堪能したい。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

悲しいお知らせ [メインクーン]

ひと月ほど前から体の傷が直りにくくなっていて、だんだん、皮膚の皮が剥けて、痛々しいほどでした。出血もして日に何度もシーツなどを取り替えていたのですが、高齢のためだと諦めていたのですが、気になって犬のかかりつけの病院へ行ってきました。前に飼っていた猫も、乳腺の癌と診断されたのですが今回も時間の問題だといわれました。肺から転移する場合が多いらしいのですが、乳から脾臓に転移し、もはや手遅れで処置なしといわれました。

私だけが淡い期待を抱いていたのでした。高齢のため大きな手術には絶えられないだろうこと、もうあまり余命がないこと。

確かにメインクーンといえば大柄な猫で、若い頃は5キロほどありましたが、きょう測ったら3キロちょっとでした。

昨夜も飼い主眠れなくて、寝たと思いきや交通事故でひき逃げの血だまりや、引き摺ったあとなど目撃するような怖い夢を見ました。殺人事件のニュースを聞いていたので、リアルに想像してしまったのかもしれません。

加えて、この猫の出血が並みではなかったりして。

寿命は誰にでもあるので、近い将来我が家の人間の上にも同じようなことが起きるかもしれない。

猫は犬ほど手がかからず、またそんなにひどい状況なのに飼い主の気持ちを思い遣る様子は見ていて忍びないです。

動物は純粋だから、老いの姿もきれいなんです。

lily.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Twitterまとめ投稿 2015/06/25 [モーツァルト]


雨の日のジャンヌ [ゴールデンレトリバー]

梅雨に入ってるので、雨の日曜日。ご主人様は不在です。

そんな雨の日にはジャンヌ嬢は大好きなお人形と一緒にお昼寝。

ジャンヌのお人形はIKEAで買ってもらったもの。

動物さんシリーズです。音の出るもので、ラッパを持ってるのはお腹を押すと音が出ます。

おなかのなかに何やら入っていて、マラカスかなんかみたいにジャラジャラなるのもあります。

ジャンヌの耳は飼い主さんのピアノの音を聴いて育ったので、他のワンコより敏感!!

大きすぎるバイクの爆音や、ロックガンガン鳴らしながら走る自動車は苦手です。

クラクションの音も救急車、パトカーも苦手。

雨の日はまったり夢みるのが最高!!

雨の日のジャンヌ.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

Twitterまとめ投稿 2015/06/19 [モーツァルト]


呪われたジェシカ [映画]

最近若い頃見逃していた映画チェックしている。これは1970年代に製作され、いわゆるモダンホラー全盛期の作品。生まれ変わりというのが仏教では輪廻転生、西欧ではドラキュラ伯爵、伝説にもあるように呪われた一族というか、そういうのがあって、この作品もその系列にあてはまる。
NYに住んでいた男女とその友人の男性がとある島に引っ越してくることから始まるようだ。島なのだが、村というか小さな町に出るのには船で渡らなければならない。いわゆる隔離された場所で、そこのかつての住人はいわくありげなひと。それで、彼女も都会暮らしのせいか人間関係のストレスかで、すこしばかり精神を病んでいて、入退院していた。そんなのどかな田園地帯のお屋敷に住めば少しは気も晴れるかとおもいきや、かつての住人の残して行った骨董品を売らないと生活ができそうになく、町で骨董品屋を探すが、村人たちはそっけない。
よそ者に対する偏見なのか?

まずはそのお屋敷に着いた日のこと、女(エミリー)が廃墟だと思って仮住まいしていたのを、最初は快く思わなかったものの、弦楽器の演奏を趣味の夫と同じく弦楽器を奏でるエミリーに通じるものが合って仲良くなれそうと、同居をすすめたのがきっかけ。しかし、ジェシカは骨董品の中に古い写真を見つけ、そのひとりがエミリーそっくりなのに気がつく。1800年代の写真になぜ?

あの頃、私の若かりし頃、高校生だった私がはじめて同級生と観に行ったのが「ローズマリー赤ちゃん」だった。いわゆるオカルトブームで、その撮影場所もいわくありげだが、実際事件があったそうな高層ビル、マンションで....当時は摩天楼なんていっていた。

今でこそ、庭にローズマリーを植えて普通に見られるようになったけど当初は、薬草やハーブが一般的ではなかったので魅せられたものだ。今は映画に流れる音楽に興味を抱くのだが、実際、映画というのは二度三度と観るうちにいろんなことに気づかされる。

今後もこの時代の古いものを観て再発見したいと思う。


呪われたジェシカ [DVD]

呪われたジェシカ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ローズマリーの赤ちゃん [DVD]

ローズマリーの赤ちゃん [DVD]

  • 出版社/メーカー: Paramount Home Entertainment(Japan)Limited(CIC)(D)
  • メディア: DVD



よろしかったらクリックお願いします。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ネジバナ [植物]

庭のあちこちに花を咲かせているネジバナ。
しのぶもじずり.....と歌にも歌われている。

ランの一種だそうで、よく見るとひとつひとつが小さなランの花をしているのがわかる。
クンクン嗅ぐと香りもよい。

カトレアのミニミニ....にした感じ。

鉢植えにしてみました。

ネジバナ2015.jpgよろしかったらクリックしてね





Twitterまとめ投稿 2015/06/13 [モーツァルト]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。