So-net無料ブログ作成
検索選択
シネマ ブログトップ

読書する女 [シネマ]

なんとこの映画を見るきっかけとなったのがべ−トーヴェンの音楽で検索した結果。
つまり、この映画の音楽はべ−トーヴェンだということなので、観ることにしたのだ。
私、次回のレッスン曲は『選帝候ソナタ』と決めていましたので。しかし、イマイチ身が乗らず、今モーツァルトにしようかと迷っているのです。この映画で流れていたのは別の有名なソナタでした。ワルトシュタイン!!
かつて、ピアノをはじめるずっと前は読書に明け暮れる日々を送っていた私。今でも映画の原作本やピアノで弾きたい曲は本を読んでいて、見つけることが多いのです。デュラスの『愛人』もショパンのロ短調ソナタを弾くきっかけになりました。フランス映画1980年代の作品ですので、骨董品?と思いきや、今見ても色褪せていません。ついこないだ『タイプライター』を見たばかりなので(あれは1950年代を舞台にしたものですが、この映画よりも新しく最近作られたはずです)フランス映画っていいなって思っていたのです。
 朗読者を職業にする女性の話なんですけど、相手の方、つまり依頼主の好みの本を読むわけです。それがやはり女性が朗読者というだけあって、自宅に招いて二人きり。密室で男女が...となるとセクシュアルなシーンが展開するのは、映画を見てる人が飽き内容とする配慮なのか???
しかし、ヒロインのマリーを演じるミュウミュウは知的で清潔な感じの女性で、とても依頼主の要望に応じるという風には見えなかったのですが、かなりサービスしてますね。
デュラスの自伝的な作品といわれる『愛人』にしたって、真実味があるので読み聴かせているうちにその世界にのめり込んでしまうのかもしれません。
それにしても女優さんたちの美しいこと、インテリアファッションも堪能できました。
フランス語のなんともいえない響きも素敵です。
ボードレールの『悪の華』、サドの『ソドム....』など若い日、読書したのが映画でどう味付けされたのか見るのも楽しかったです。


読書する女 HDリマスター版 [DVD]

読書する女 HDリマスター版 [DVD]




読書する女

読書する女

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1990/03/09
  • メディア: VHS


よろしかったらクリックお願いします。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

問題です!!....ずばりこの映画の作品名を当ててください♪ [シネマ]

映画好きの方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
登場人物の役者さんがわかれば、あとは簡単でしょ。
写真を何枚かUPしましたので、ぜひ。

P1010941.jpg

P1010942.jpg

P1010943.jpg

P1010944.jpg

P1010945.jpg

ヒントはこちらのブログをご覧くださいね♡


「ラフマニノフ」を観て [シネマ]

ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD]

ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD]










96分の短い映画である。
ラフマニノフの曲にインスパイアされて作られた映画はこれまでにも見たことがある。クリストファー・リーブ主演の「ある日どこかで」だった。

これは、ラフマニノフその人のストーリーである。必ずしも忠実というわけではなく、創作であると注意書きが最後にあったが、どうなのだろう。

伝記 ラフマニノフ

伝記 ラフマニノフ

  • 作者: ニコライ バジャーノフ
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2003/07/01
  • メディア: 単行本






こちらの方の本もまだ読みかけであった。
ラフマニノフ、自分ではときどき弾いているものの、人前では弾いたことがなく、まだこの先の課題である。

昨年の発表会で、幼稚園の時からずっとピアノを習われているという同年齢の実名もHNと同じ方が、今年はどうもラフマニノフを弾くようである。なので、ちょっとばかり気になっているのだが、
私は自身の体調のことも考えて、モーツァルトに決めているのだが、一度弾いたことがあるとはいえ、自分でもこれで果たして大丈夫だろうか?....と自身無気なのである。

もう、今となっては時間も限られていることだし、迷いは捨てないといけないのだが.....。

そうそう、このラフマニノフを観て気になったのは、ラフマニノフがライラックの花が好きだったということ、そしてヘビースモーカーだったのかということ。恋多き人であったこと。わけても芸術家の蠱惑的な女性、従妹で妻になったナターシャ、そして教え子で何度か彼を体制側から救ってくれた女性のマリアンナ....何人もの女性と肉体的な関係を持つのは才能のある作曲家ならではのことなのだろう。
 
 この映画の中でセルゲイは「自分の意に染まない人が来ているコンサートでは弾かない」と演説したり、演奏会をドタキャンしそうになって、周囲のものをハラハラさせる。
 美しくも切ないメロディーの生まれる背景を、これを観ることによって、あたかもその場にいあわせたかのように知ることになった。
 とても魅力的な男性であったのがわかる。
この映画ではコンチェルト2番、
前奏曲嬰ハ短調Op.3 No.2
前奏曲嬰ト短調Op.32 No.12
幻想小品集 Op.3 No.1
ヴォカリーズ Op.34 No.14
パガニーニの主題による狂詩曲
「スクリャービン」
練習曲 Op.8 No.12
「ショパン」
練習曲 Op.25 No.9
  などが収録されている

ハーヴェル・ルンデン監督 ラフマニノフ.....エフゲニー・ツィガノフ
2008年 公開
2007年制作 ロシア 原題:LILACS

(原題からして、ライラックの意味でしょうね、そういえばシャンソン(フランスの古い歌)にもライラック(リラ)の花の歌が歌われていますね、それを日本の訳詞では「すみれ」になっていたりしますが)

我が家の庭にも毎年ライラックの花が咲きます。香りもステキです。
今度写真をUPしたいと思います。まだまだ、季節は先ですが、どうぞご期待くださいね。



シネマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。